第1回目

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 毎日スキルアップ通信 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━16. 5.17━━━━━━   出張先で、会議が予定時刻よりも早く終わったので、久々に一人で映画館にでも入ろうと思い繁華街をぶらぶらした。 「ホーンテッドマンション」、「名探偵コナン」・・・どれも入る気がしない。  半ばあきらめかけたときに「世界の中心で、愛をさけぶ」の文字が目に入った。 作者の片山恭一は私と同年代の人で、甘っちょろい若者受けの作品などよく描けるなと思っていたので確かめたくなった。 40代のおじさんが一人で入るにはちょっとした勇気がいる作品だが歩き疲れてもいたので入ることにした。 ウイークデーの昼下がり、興行成績一位であっても地方都市の映画館の中は閑散としている。 アベックがお互いのテリトリーを侵害しないようまばらに陣取っている。 邪魔しないように端の座席をとり腰をかがめ画面を見上げた。  開始から10分ぐらいは過ぎていたが、ストーリーはわかりやすく、目の前で高校生の甘くて切ないプラトニックラブが展開されていく。  しばらく観ていて不思議な気持ちになる。40代が観ても違和感なく懐かしく思えるこの映画が今の若者に受けるのはなぜだろう。  女子高生の40%近くがセックスを経験しているとの統計が出ている現代にあって、甘くて切ないプラトニックなストー…

続きを読む

もっと見る